記事内容→ターゲット層のブレ→価値のないコンテンツに反省

今日もアドセンスサイト申請用の
記事を1つ書きました


「上司 憎い」みたいな
ボリュームあるキーワードを、
キーワードプランナーで見つけ出し、
ライバルチェックを行い、
だいたい1500文字程度に書きました。


自分の職場をサンプルに、
書いてみました。
やはり自分のことなんで、
スイスイ開くことができます。


よくこういった記事を書く時は、
ターゲットを一つにしなさい!と
いわれますが、
難しいですね。


だいたい1つの記事を書くときに、
複合キーワードを3つほどみつけるのですが、
けっこうブレちゃうんですよね。


そんなブレた感じの記事を書いても、
訪問者はすぐに離脱されちゃうようですね。
何百記事と記事をかいても、
思うように訪問客は訪れないみたいです。


というよりターゲット層がずれているので、
この記事必要ないって離脱され、
ということは、ビュー時間も短くなるので、
価値のないコンテンツだと認定され、
検索除外対象になっちゃうみたい。


私はなんだか、
最近は1記事を早く書こう!って焦っちゃって、
文字数だけでもなんとか稼いで、
次へ次へと考えちゃうもんだから、
魅力もない文章になっちゃってたんだろうな~と思う。


一つ一つのアクセスを
大事に大事に思う気持ちで、
少しずつ自分も魅力を出していきたいです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*